前へ
次へ

鍼灸治療の研究内容、その結果について

鍼灸治療は、科学的な研究もされており、数ヶ月利用されている方を対象に研究データが存在します。施術を行う前と行った後では、被験者の多くが心拍数の低下がみられ、リラックスを引き起こす副交感神経が優位に働きやすい結果が表れています。正常な自律神経であれば、人は季節によって、寒くなれば体を温め、体が熱くなれば、体を冷たくさせる生理反応を引き起こします。ただし、人によってはその機能が働かず、体の不調を引き起こす原因になるのです。鍼灸治療の研究結果には、この機能を正常に戻す改善が現れ、効果があることが示唆されました。鍼灸治療の効果が現れる話の中には、幸せを感じた際に分泌されるβエンドルフィンと呼ばれる快感物質が背景に隠されている話も存在します。βエンドルフィンは、免疫力を高め、心地よさからストレスが軽減され、神経にも良い作用を引き起こします。この結果から、鍼灸治療は、存在力を高めてくれるものであり、科学的根拠が十分ある話でもあるでしょう。世界保健機構であるWHOは、鍼灸を推奨しているものでもあり、世界に認められる姿が広がっています。

Page Top